Skypeを使ったオンライン英会話を比較、ランキング!スクールの評価・口コミ、お得なキャンペーン情報も掲載しています。


海外で働く【ワーキング・ホリデー】

ワーキング・ホリデー

「海外で働きたい」、そんな夢をかなえるのに利用したいのがワーキング・ホリデー。ワーキング・ホリデーに申し込めば、海外旅行とは違って1~2年の長期滞在の許されるビザが発行されます。チャンスは18歳から30歳までの間だけ。

現在、日本とワーキング・ホリデーの協定を結んでいる英語圏の国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスの4カ国。それぞれの国のワーキング・ホリデーの特徴を紹介します。

◆オーストラリア

日本が最初にワーキング・ホリデーの協定を結びました。募集人数に定員がないため、ビザ発給の間口が広いことが特徴です。ワーホリでの語学研修期間は最大4ヶ月間、就労は1雇用主のもとで最大6ヶ月可能です。

◆ニュージーランド

オーストラリアと同じく、ニュージーランドも募集人数に定員がありません。語学研修期間は最大6ヵ月、就労は1雇用主のもとで最長12ヵ月間可能です。◆カナダ申請開始から数ヶ月で発券人数制限の半分を超えてしまうほど人気があります。語学研修期間は最大6ヵ月、就労条件はなく、自由に就労できます。

◆イギリス

定員人数がわずか1,000人と、他国と比べて極端に少なく競争率が高い国です。就学・就労ともに制限はありません。イギリスは応募者のなかからランダムで1,000名選ばれます。倍率が高いので選ばれた人は本当にラッキーですよね。

申し込み方法は国によって異なるので、日本ワーキング・ホリデー協会のページをチェックしてくださいね。

http://www.jawhm.or.jp/

合わせて読みたい記事

おすすめスカイプ英会話スクール




総合ランキング



評価・口コミランキング



人気ランキング