Skypeを使ったオンライン英会話を比較、ランキング!スクールの評価・口コミ、お得なキャンペーン情報も掲載しています。


スカイプ英会話の専門コースで学ぶポイント~TOEFL対策コース

スカイプ英会話の専門コースで学ぶポイント~TOEFL対策コース

TOEFLとはTest of English as a Foreign Languageの略称で、アメリカの大学や大学院などの進学の際に、非英語圏の受講者の英語レベルを判定するために使われている実力テストです。

TOEICがビジネス向けとすれば、TOEFLは学生向けで学術的な内容が主体で難易度が高い試験です。世界的にはTOEICは、日本と韓国、台湾が受講者の多くですが、TOEFLは世界各国の人が受験しています。アメリカ以外の大学でもTOEFLのスコアを入学試験の判定基準として採用するところも増えています。

またリーディング、リスニング、スピーキング、ライティング4つのパートがあるのが特徴です。TOEICスコアは基本的にリーディングとリスニングが対象の試験です。テストは4時間あり、リーディングは70問、リスニングは35問、スピーキングは6問で回答をマイクに話し、ライティングは2問ありタイピングにより回答するというものです。

海外に留学したい、海外の大学院に進みたい、そんな方はTOEFL用の勉強をするとよいでしょう。TOEFL対策のコースを用意しているスカイプ英会話スクールもたくさんあります。専門コースのないスクールでも、講師によってはTOEFL対策のレッスンを受けることもできますが、できるだけ専門コースのあるスクールを選ぶとよいでしょう。

テキストはTOEFLの公式テキストを使ったり、スクールのオリジナル教材を使ったりして進めていきます。テストの試験分野が、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングと分野が広いので、自分がどのパートを習いたいのかを決めておく必要があるでしょう。

TOEFLはTOEIC同様あくまで自分の実力を測るテストです。いつまでに何点とるのかという目標をまず決めることです。その目標に向かって学習計画を立てて、どのパートにどれくらいの学習時間をかけるのか、どんな教材を主体で勉強を進めていくのかを事前に考える必要があります。長い期間の学習になりますが、スカイプ英会話でレッスンを受けたほうがよいパートと、自力で学習する部分をわけて学習をすすめていきましょう。

参考:英語資格対策でスカイプ英会話スクールを比較 | スカイプ英会話比較ガイド
参考:TOEFL公式サイト

合わせて読みたい記事

おすすめスカイプ英会話スクール




総合ランキング



評価・口コミランキング



人気ランキング