Skypeを使ったオンライン英会話を比較、ランキング!スクールの評価・口コミ、お得なキャンペーン情報も掲載しています。


英会話スキルアップのためのディクテーション

英会話スキルアップのためのディクテーション

音声に続いて聞いた通り読んでいくシャドーイングの方法をご紹介しました。今回は、読み上げられた英文音声を聞き、書き写していく学習法ディクテーション(dictation)です。

書き取りすることで自分自身のリスニングスキルがどの程度なのか正確に確認することができます。単語のつづりをしきちんと覚えているかどうかや、前置詞や単語の記載漏れなど文法に誤りあるかどうかもあわせて確認できるので、ライティングスキルも確かめられます。

ディクテーションの進め方は、音声の再生は一文ずつ行って一度停止してから書き写し、また次の一文へと一文ずつ音声を流し書き写す、というかたちで進めます。この時、聞き取れない単語や意味が理解できなかった内容があっても次へ進めて行くのがポイントです。

音声の内容が一区切りしたところで音声を止め、自分が書き写した英文と、スクリプトが正しいかどうかチェックしていきます。不明な点はまとめて理解できるまで調べます。難しかった英単語があれば、辞書を引いて調べてその場で確認するようにするとよいでしょう。

ディクテーションを行う教材を選ぶ際は、書いた後に正しい文章を確認するための英文スクリプトがあるものを選びます。ニュースサイトや市販の教材を利用することもよいですし、会話の表現を覚えるには英語字幕があとで確認できる映画などを素材に使うのも手です。

スカイプ英会話のレッスンの中で、講師に文章を読み上げてもらいディクテーションを行ってアドバイスを受けてみると普段のレッスンとは違った発見があるかもしれません。まだディクテーションを試してみたことがないという人は、一度ディクテーションを試してみることをお勧めします。

さらにもうひと押し学習効果を高めたい方は、シャドーイングとディクテーションを組み合わせるとよいでしょう。ひとつの音声教材でシャドーイングをしたあとテキストの内容を確認して理解したあと、今度はディクテーションを行って書いた内容を再度テキストと照らして合わせて再確認すれば、より理解度が高まること請け合いです。

合わせて読みたい記事

おすすめスカイプ英会話スクール




総合ランキング



評価・口コミランキング



人気ランキング