Skypeを使ったオンライン英会話を比較、ランキング!スクールの評価・口コミ、お得なキャンペーン情報も掲載しています。


英語スキルをアップさせる方法~ライティング編

英語スキルをアップさせる方法~ライティング編

リスニングスキルアップだけでなく、ライティングスキルをアップさせることができる勉強方法のひとつにディクテーション(dictation)があります。ディクテーションとは、音声として聞こえてくる英文を聞いて、それを一言一句書き起こしていくという勉強方法です。実際に書いてみると文章の間違いや前置詞などの漏れ、聞き取れていない単語があるなど、リスニングできているかどうか確認することができます。

リスニングが得意という方でもリーディングはあまり得でないという方も多くいます。耳から入ってくる英語がなんとなく聞き取れて理解できたような気になっているものの実際には聞き取れていなかったり、英文法が間違っていたりとしている場合もあります。英会話の場合、すべての単語を聞き取ることができなくても、大まかな内容が理解できると会話は進みますが、ディクテーションすることで英文法をきちんととらまえ正しい英文を確認していくことでライティングスキルのアップにもつながります。

スカイプ英会話のレッスンでディクテーションを行う場合は、テキストかニュースサイトなどの文章を講師にメッセージなどで送り、講師に読んでもらい、それをスカイプのメッセージとしてタイピングする形で進めます。講師の方が読み終わったら、その内容を確認しながら講師に添削してもらい、その英文法や表現方法、内容について会話するといった流れで行います。

レッスンでディクテーションを行う場合の注意点としては、英文が聞き取れず間違いが多いからといって、講師の方が読むスピードを落とさないようにすることです。ゆっくり話してもらえば正確に書き起こせるかもしれませんが、ディクテーションの学習としてはあまりよくありません。

同じ素材をもとにディクテーションを何度か繰り返していると理解度が高まります。ひとりの講師に読みあげてもらった文章を、次のレッスンでまた別の講師に読みあげてもらってディクテーションを行えば、発音の違いにも気づくことでしょう。

合わせて読みたい記事

おすすめスカイプ英会話スクール




総合ランキング



評価・口コミランキング



人気ランキング