Skypeを使ったオンライン英会話を比較、ランキング!スクールの評価・口コミ、お得なキャンペーン情報も掲載しています。


スカイプ英会話の専門コースで学ぶポイント~TOEIC対策コース

スカイプ英会話の専門コースで学ぶポイント~TOEIC対策コース

英語力を判定するための目安としてTOEICを活用する方や、企業が増えています。990点が満点のTOEICテストの受験者の平均点は600点弱といわれています。企業の海外赴任者に求められる平均スコアは700点程度、大学卒の新入社員に期待するスコアは、560点程度が目安です。

まず一度TOEICテストを受けてみてご自分の点数を確認してみましょう。

TOEICスコアの結果により、レベル別の対策が必要です。

Aレベル(860~990点)の方が、スカイプ英会話などのレッスンを受ける場合、フィリピン人講師だけでなく、TOEICテストのナレーターであるアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの講師からもレッスンも受けて各国の違いを把握できるはずです。

Bレベル(730~860点)の方は、特にご自身が伸ばしたい重点分野の対策レッスンを受けるとよいでしょう。Part1の写真描写問題、Part2の応答問題、Part3の会話問題、Part4の説明文問題,Part5の短文穴埋め問題、Part6の長文穴埋め問題、Part7の読解問題、それぞれレッスン中に英語で講師の解説を聞くと普段の独学とは違った角度で理解度が深まることでしょう。

Cレベル(470~730点)の方は、日常生活や一般的な会話であれば要点をきちんと理解して、相手に応答でき、自分意思を伝えることができるレベルです。リスニングセッション、リーディングセッションの中でも苦手な問題の解説を講師に英語で説明してもらうと、TOEIC対策の理解度は高まります。

Dレベル(220~470点)の方は、日常英会話で最低限のコミュニケーションができるレベルです。相手にゆっくり話してもらうか、繰り返しや表現の言い換えをしてもらうと簡単な会話ができるといわれています。つまり話し相手が配慮して接してくれれば意思疎通ができるレベルです。中高生レベルの英文法をおさらいするとともに、TOEIC対策よりもまずスカイプ英会話のフリートークや一般英会話のレッスンをたくさん受けて耳をまず英語に慣れさせる必要があります。

Eレベル(10~220点) の方は、英語がほとんど理解できていないレベルなので、スカイプ英会話で会話やリスニングに慣れるとともに、書籍などで中高生レベルの英文法の復習を行うとよいでしょう。
それぞれのレベルにあわせてスカイプ英会話を活用していくとよいでしょう。

関連ページ:英語資格対策レッスンあり | スカイプ英会話比較ガイド
参考:TOEIC公式サイト

合わせて読みたい記事

おすすめスカイプ英会話スクール




総合ランキング



評価・口コミランキング



人気ランキング